医療業界とリアルな人間模様が描かれている最高のドラマ

私が一番好きなフジテレビのドラマといえばダントツで「コードブルー」です。これは、上記にも書いた通り、救命の現場の最前線の世界を描いており、臨場感もたっぷりと味わえます。また、1話1話、テーマがあり、命と向き合う主人公たちの気持ちの変化なども細やかに描写されているので観ている側もドラマの中の世界に引き込まれていくのも魅力の1つだと思います。

2018年夏には映画化も

こちらは、シーズン3まであり、2018年夏には映画化も決まっていて、ドラマシリーズを見返す方も多いのでは?ある意味今話題のドラマであります。
映画を紹介する短編の動画がCMで流れていますが、これまでにないダイナミックな内容となっているようで、とてもワクワクします。

ドラマ内のリアルな人間模様

医療ドラマというとよくありがちなスーパードクターがいて、、、という内容ではなく、シリーズ1は主人公たちの研修医時代から描かれていて、医者として人としての成長が見られることも醍醐味の1つです。シリーズ1は後期研修医時代。シリーズ2は、医者一年目、シリーズ3は主人公たちが指導医として後輩指導にあたるという流れです。それぞれ、1人の人として、そしてチームとしての葛藤と成長が描かれています。人間模様についてはドラマを見て頂くことが一番分かりやすいと思うのですが1つここでご紹介させていただきます。主人公の山下さん演じる藍沢先生は知識、技術ともに兼ね備えた医者です。しかし、論理的で時に冷酷な対応をしていたのですが、仲間や、様々な患者様と関わる中で少しずつ心のある人間へと変わっていくのです。1つ1つの表情や言葉、不器用ながらにも人への気遣いをする姿などを見るととても感動します。

まとめ

まだ観たことがない方には是非まずは映画の紹介動画から観ていただきたいなと思います。
初めての方だけでなく、2度3度と回数を重ねて観るとまた新しい発見がある見応えのあるドラマだと思います。