コンフィデンスマンJP

私の好きなドラマはコンフィデンスマンJPです。

まるで海外ドラマ

このドラマを一番最初に見た時に、子供の頃に見ていた海外ドラマを思い出しました。
賑やかでお洒落な楽曲とテンポの良いストーリー。
そして、あらゆるどんでん返し。
何もかもが斬新でした。
詐欺師をメインとしているのも、とても斬新でした。
そして、何よりもキャラクターが個性的なのが面白いんです!
普通、ヒロインというのは男性が守らなくてはと思わせるものなのに、この作品のヒロインである、ダー子は違うんです!
男性に守られるというよりは、男性を押し退けて前に進んでいくタイプなのです。
詐欺師としての腕は超一流で、どんな職業も彼女は完璧に成りすます事が出来るのです。
口では「金が一番」と言っていても、結局はボクちゃんやリチャードを大切にしているのも、ダー子の魅力だと思います。
後から動画を見直すと、ちょっとした台詞の中に、彼女の本心が見え隠れしているように感じるんです。

視聴者もターゲット!

そして何よりも、見所は華麗な詐欺のテクニックです。
巧みな変装や話術で相手の信頼を得てから、一気に騙すのがダー子達の作戦です。
でも、人が良いボクちゃんはいつもダー子達のやり方に反発してるんです。
それでも、年長者のリチャードにほだされたりして、やっぱり詐欺を働いちゃうというのが、いつものパターンなのです。
でも、このパターン化しているというのが良いんです。
パターン化するとマンネリというイメージもあると思いますが、このドラマはそうは感じないんです。
むしろ安心感という感じです。
そのいつものパターンが最終回では見事に打ち破られるんです。
騙されたのはターゲットだけではありません。
見ている私達も知らず知らずの内に騙されていて、驚きました。
動画で何度でも見たいドラマてす。